アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「白雲の城」のブログ記事

みんなの「白雲の城」ブログ


原稿、渡しました〜!

2017/05/12 16:33
7月2日発売のジュールに載る原稿

やっと編集さんにお渡しいたしました〜❗

あー、ホッとした〜❗


6月2日発売のジュールと、二月連続掲載

です。

よろしかったら、ぜひ!


昨日のきよしくん、テレ東で

「白雲の城」

最高でした!


よく、記事で

きよしくんの衣装を「羽織袴」と

書いている週刊誌等ありますが、

羽織は着ていません。

「紋付き袴」です。

若いかたが知らないのは、百歩譲って

仕方ないけど、

チェック機能働いてないですね。


あまり、あちこちで見かけるので

記事は正確にお願いしたいですねー。


テロップも、誤字多い。


みえをきる、を見栄と書くのが

普通になってる。

あれは「見得」だと思うのですが。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0


白雲の城

2017/01/02 05:20
まだ、紅白の熊本城中継の光景が

頭から消えないでいます。


きっとずっと消えないでしょう。


白紋付きに黒の袴のきよしくんの

凛々しさ。

復興に携わる方々の力強さ。

みずあかりの美しさ。


歌い出されると、その豊かな声量、

素晴らしい表現力に圧倒され、

知らず、涙が出てきました。


ラスト近くの映像は、

みずあかりの灯りの中、

うしろには、黒々とした夜空に

くっきり浮かぶライトアップされた

熊本城の偉容❗

黒と白のコントラストが美しい熊本城が、

その時まさに、生きているように

歌うきよしくんに覆い被さるような

錯覚を覚えました。


お城が、きよしくんの歌声、復興に携わる方々、

見守るすべての人々の想いを吸い上げ、

魂と命を蘇らせたように、感じました。


鳥肌ものでした。


カメラ構図、映像、秀逸でありました。


白い紋付きのきよしくんは、

まるで、お城の精。


落日の若武者が、傷つきながらも立ち上がり、

城を取り戻し、

凱旋のときのこえをあげるであろう

瑞々しくも凛々しい若君。


この世の悪いものをすべて、捨て去った

ような、すっきりとした清らかな

美しいお顔………。


歌う前から、きよしくんはそんなお顔を

されていました。 


なんて、良い表情をされているのかと

こちらの心も、安らかになるほどでした。


ツィッターでも、一般の方々が

たくさん、絶賛の書き込みをしてくださいま

したね。


「初めて聞く歌でも、これだけうまいと

感動する。」

「CD を買おうと思った」

「コンサートに行きたくなった」

「泣いた」など、うれしいです。


でも、

きよしくんは、17年間ずっと大人気で、

ファンも変わらずきよしくんを愛している

のに、「再起をかけた」とか書いてる方がいたり、

メディアがその成果をちゃんと報道しない

弊害を感じました。


一年に一回の紅白での演出、扱いで、

こんなに評価が高まることが、

逆に怖いです。


沢山のかたに、もっとコンサートに

きて、きよしくんのなまの歌を

聞いていただきたいですね。


チケット、いまでも取るの大変なのに、

もっと大変になってしまうか、笑。


去年のクリコンでは、

例年にも増しての、大盛況、

ファンの幅もどんどん、拡がって

いっています。


今年もきよしくんは、大忙し。


ファンも、大忙し、笑。


応援、がんばりまーす!









記事へナイス ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 8


白雲の城

2016/12/02 20:35
「白雲の城」の、

きよしくんの最近の、「人の世はぁ〜」の時の

開けたおくちの形が、なにかに似ているなぁと

思っていたら、


あれは、お能の面が大きくくちを開けた

表情に、そっくりでした。


能面が、くちを大きく開けた表情は、

悲しいような、笑っているような、怒っているような、

哀れむような………、

さまざまな表情を感じさせます。


まさに白雲の城の、世界観。


きよしくんは、無意識なのでしょう。


すごい人です!

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 6


「白雲の城」で思いだしたー!

2010/06/14 18:39
画像
お仕事、
絵入れ、まぁまぁ順調に
始まりました。

今日が、正念場であります、笑。

それで「白雲の城」。
思い出しました。

数年前のお正月、
いろいろ大変な時期で、
ちょっとかなりつらかった三が日でした。
何を思ったか、このCDをフラッと買って、
一人聴きました。

「夢まぼろしの、人の世は・・・」と、
きよしくんの声が流れたとたん、
私、号泣してました・・・。
本当に、声あげて泣いたのです。
自分でも、「なんで・・?」と、
びっくりしながら、
泣き続けたのです。

それで、ずいぶん楽になりました・・・。

ああ、6,7年前から
きよしくんに、助けられてたんですね、私。

今も、「白雲の城」聴くたび、
胸が熱くなるのは、このせいだったんですね。

きよしくん自身が、好きになりすぎて、
忘れてました。

このかたの声は、ただごとじゃないです、笑。

そのとき、カウンセラーの先生に
(よりよく生きたくて、週一でカウンセリングしていただいてます)
「それはとても、良いことだったんじゃないの?」と
言われたのも、
思いだしました。

やっぱり、
大好きだなぁ、きよしくん。

「きよし節」の、
きよ食品でしたっけ、
いろんな、ちょいたしお料理食べるコーナーの
きよしくん、可愛いですねー。
おくちいっぱい、ほおばってしまうの
超かわいいっす、笑。

落語好きの私は、
きよしくんなら、どの落語の主人公がいいかなぁ、と
妄想いたします。

活きの良い江戸っ子も、もちろんいいけど、
変わったところで、
「崇徳院」の若旦那など、
いかがでしょうか。
それも、
今は亡き、天下の名人、
古今亭志ん朝師匠のでなきゃ、駄目、笑。
粋でいなせで華やかで、きよしくんにピッタリの芸風です。

さる大家の美貌の若旦那、
清水さん(きよみずさん)のお参りで逢った
どこの誰ともわからない
お嬢さんに一目ぼれ。
恋わずらいで、死にかけてる、笑。
相談にのるのが、
幼馴染の熊さん。
これは、西寄さんにやっていただく、勝手に、笑。

その熊さんが、お嬢さんを探し出すことに
なるんですが、
その前、
事情を説明する若旦那を、
熊さん、さんざんからかう。
その時、じれた若旦那がいうのです、
恋わずらいで、息も絶えだえなのに

「もぉ〜う、元気だったら、ぶつよぉ・・・」。

このせりふ、言ってほしい〜〜。

妄想爆発ですな、笑。


「船徳」の、おばかな妄想若旦那もいいなぁ・・・。

こんなことばっかやってないで、
さっさと仕事しましょうーー、笑。

19日のテレ東の「カラオケショー」、
ワールドカップの日本戦と、まじかぶり。

アシさんが、サッカーファンなので、
テレ東は、録画いたします(泣)。
そのほうが、
あとでゆっくり楽しめるしね。

「娼婦と淑女」、
藤堂さんの、キスシーン多し、笑。
それも、夕日などの光の中とか、
とっても綺麗。
でも、予告で、藍子に唇
奪われてましたーー、笑。
なんか、
姉妹で、藤堂さんとりあってる…、笑。
真彦のことで、ちょっと逆上して
前髪乱れる藤堂さんも、素敵・・・、笑。
がんばれ、藤堂さん!!!

写真は、
東十条の例のCD屋さんの入り口。
一番上が、
山川豊兄貴の看板ですが、
ちょっと見切れましたぁ。
すいません〜〜、笑。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4


トップへ | みんなの「白雲の城」ブログ

星野めみの日記 白雲の城のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる