星野めみの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 今更ですが、大阪新歌舞伎座

<<   作成日時 : 2017/09/03 17:56   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
風邪と、怒濤のきよしくん週間だったため

あわわあわわで、

レポが遅れました。すいません。


8月に時を戻して、23日。

大阪新歌舞伎座公演の昼を

きよ友さんのおかげで、見ることができました。


新歌舞伎座は、大入り満員❗

スタッフさんたちが、きよしくん大入りに

慣れてない感じで、

大慌て。


エスカレーターあがったお客で、

ホール入り口が溢れ帰り、危険スレスレ。


きよしくんのコンサートは、いつもこうなんですが。

学習しておいてくださいね。


新歌舞伎座は、客席も提灯下がってなんか可愛らしい

感じ。

前は難波の方にあったそうで、

きよしくんはそちらで、石松さんの座長公演

されたのですねー。

見たかった〜❗


お席は二階で、とても見やすかったです。

二階でも近い感じ。


セットリストは、もう様々なレポで

ごぞんじだと思いますが、

大阪を意識されて、

てなもんや、河内おとこ節、面影の都、などが

始めに歌われたり、入ったりして、

盛り上がりました❗


ふれあいコーナーは、なく、

「碧し」フル歌唱がありました。


「碧し」フルは、今はもう

大阪、東京握手会、習志野コンサート

宇都宮コンサートで歌われていますが、

この日私には、最初のなまフルだったので

鳥肌立つほど感動しました❗


泣いてしまいました。


コンサートリストに今入った「風の男」も

すごく良かったです。


西さんの忠臣蔵の前口上入りから、

「刃傷松の廊下」は、

きよしくんの格調高い歌唱、セリフに

大感激❗

アルバムでは、巻き舌で言っていたセリフも

しっかりお大名の格になっていて、

数段うまい浅野さまになっておいで

でした。

「討たせてくだされ」というセリフの

言いかたが、まさに

おいたわしく、

胸キュン。

四十七士が、

「殿、おいたわしい!」と、

仇討ちを決心するにたる内匠頭さまでした。


この西さんとの「刃傷松の廊下」は、

以前のツアコンでやられてたもの

再現だったのですね。


あとから、知りました。

私が、まだファンの自覚がなかったころです。


粋な演出だったんですね。


つづくー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今更ですが、大阪新歌舞伎座 星野めみの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる