星野めみの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ひばりさんの東京ドームコンサート

<<   作成日時 : 2017/04/11 13:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 6

画像画像画像
ひばりさんの東京ドームコンサートのオンエア、

見ました❗

テレビでは、ひばりさんヒストリーと共に

進行していましたが、

ドームではどうだったのかな。

順番も、コンサートどおりではなかったとか。

演歌まつりでもそうですが、

ステージ中継は、ステージの進行のまま

オンエアしていただきたいです。

でないと意味がないような。


きよしくんの「人生一路」は、

ひばりさんの歌声とリレー形式で!

デュエットですよね!最早。

ひばりさんと、キーもほぼ同じなので

ものすごく自然❗

あんなすごい企画でも、まったく違和感

なし。

きよしくんだからできたコラボでしたねー。

最初はちょっと緊張されてたけど、

あとは堂々たるものでした。


全体的な感想は、

やはりひばりさんは、凄い❗という

ことにつきます!

ひばりさんのうまさは、言葉では

言いようがない。

情感、センス、歌詞のニュアンスなど、

どれをとっても、天才❗


「ひばりの渡り鳥だよ」の、冒頭の

「じれったいほど」という、字を読んだら

地味な歌詞を、

もう、なんともいえない風情で、

しかもかる〜く歌う。

あれにもうしびれる!

天童さんもうまいけど、あの味は………。

スクリーンのひばりさんが、私の大好きな

3番を歌ってくださったのが

うれしかった。

「雪の佐渡から、青葉の江戸へ」。

あの歌詞、大好き❤(歌詞数、ちょっとオーバー💧すいません)

きよしくんにいつか歌ってほしい❗


あの大勢の出演者全員、束になって

かかっても勝てないひばりさんのうまさ。

どんなにアレンジでなんとかしようとしても

スクリーンのひばりさんに負けてる。


ただ、きよしくんには、

あのすべての歌を歌ってほしかった。

ひばりさんとリレーデュエットした

きよしくんなら………!


きよしくんは、間違いなく

ひばりさんの歌を歌い継ぐ人でしょう。


ひばりさんのコンサートなのに、

演歌勢が少なすぎた感も。


若い方々は、仕方ないけど

カラオケレベル。

当時の時代の思いも、おわかりにならないから

無理もないですが、

尊敬、尊敬ばかり言ってたけど、

ひばりさんの歌の凄さもまだ

わかってない気がする。

団体さんの中で、本気で歌をやりたい

人がもしいたなら、

畏れ多いことをしたなぁ、とあとから

思うかもしれない………。


6月に、BS TBS で完全版やるらしいので

そちらを録画しようと思います。


きよ友さんたち、精力的に

追っかけてます、笑。

いいなぁ。

私は、仕事〜❗笑。

群馬にもみなさん、行かれるみたいなので

きよしくん、大丈夫ですよ〜❗笑。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
めみさん 皆さん 今晩は
私も、もっとストレートに中継してくれると
思っていました。歌手の選考は加藤和也さん
なんでしょうね(*_*;
姉が、小学生の時ひばりさんのプロマイドを
沢山集めていました。私がひばりさんの歌を
殆ど歌えるのはその影響だと思います(^^♪
きよし君、ドームでのコンサートを
本気でやりたいと思たのではないでしょうか
かなり刺激を受けたのでは(*^^)v
☆本門寺の五重塔🌸桜とコラボ素敵ですね
私(^o^)結構お寺好きなんです。
就学旅行で、法隆寺の五重塔をスケッチしていて
集合時間を忘れてしまい、ツーリストのお兄さんに
探されたことがありました。一番のお気に入りが
奈良の法隆寺(*^^*)
花冷えの時季 お風邪引きません様に🌸
ET
2017/04/11 23:59
ET さん、こんにちは。
なぜか、コンサート中継を編集する傾向が
ありますねー。
視聴者は、そのまんまを見たいですよね。
ひばりさんの東映時代劇時代が、大好きでした。
大川橋蔵さんの大ファンで、笑。
さすがに、リアルタイムには間に合わず、
今のテレ朝で、その頃の映画、週いちで
流してくれたの全部見て、憧れてましたー❤
橋蔵さんときよしくん、似てます、笑。
だから、明治座が楽しみです。
本門寺の五重塔と桜は、毎年撮りますが、
今年はまだ八分咲きでしたねー。
神社仏閣、私も大好きです。
いいですよね。
13日の、渋川の新BS 日本のうたには、
きよ友さんたち、たくさん集結らしいです。
応援よろしくですね。
めみ
2017/04/12 01:06
めみ様
私は ひばりさん全盛当時、トム ジョーンズ、井上陽水のファンでした。ですが私もひばりさんの偉大さは認識していましたので、このイベントは大いなる期待を持ってオンエアを楽しみに待ってました。しかし映像では きよしクンの場面があまりにも 短くて涙。「人生一路」での映像の ひばりさんとのデュエット、高音のひばりさんに合わせて堂々の歌唱だったのにあっという間にきよしクン終わって その後 長〜くでてらっしゃらなくて涙、涙。ひばりさんの歌手としての生涯を知ら無い世代にも紹介、追悼するのが目的なので仕方ないとは思うのだが もう少し コンサートの進行に忠実に 編集して欲しかった。きよしクンは代表して 随分、番宣等、頑張ってらっしゃいましたよね。短く言えば だから もっときよしクンの場面を多くして頂きたかったという事! 若いグループの歌唱には ぶっ飛びました。いくら私が当時 ポップスのファンだったとはいえ ひばりさん唄う「悲しき口笛」、「りんご追分」には 内心、心打たれておりましたからね。でも よ〜く分かりました。どんな名曲でも あの子等の様にコブシもまわさず 唄うと ふつーうの歌になってしまうことが...。何て事をするんだと ボー然としてステージ上で 飛び跳ねる彼女達を見つめましたが...しかし!、モノは考えよう。この子達がこうやって歌う事で 演歌という違う ジャンルに 少しでも馴染んでくれたら...そして今でなくても10年後でも良いから この子らが大人の とば口に立って 再び ひばりさんの歌を聴き、その歌詩の意味も汲み取れ 聴き惚れてくれたら...其れは演歌界にとって 大きな力に なるはず。演歌の将来への 扉は 大きく開ける筈! 映像を見ながら そう思い直すと「ウン!だいじょうぶよ、演歌界!」と急に 元気になりました!
夢きよし
2017/04/12 08:02
めみ様
このコンサートには 島津亜矢さんと ひばりさんに可愛がられた森昌子さんが出てらっしゃらなくて残念でした。
亜矢さんには迫力のあるあの声で「柔」を、「みだれ髪」は長いトンネルを抜け出て 最近、歌唱力が戻ってきた森昌子さんで 聴きたかった。この曲はいずれ、きよしクンでも聴きたい。綺麗なファルセットで。
コンサートの最後にランウェイを歩くきよしクン。大勢の人の中で、堂々と、 ひときわ美しく オーラを放って、本当に素敵でしたねえ!!!
夢きよし
2017/04/12 08:19
めみさん、私もあの編集番組にはがっかりしました、あのひばりさんのビデオは何回もBSでみたことある内容でしたから。ワイド等やナビ番組でうつった最後の花道のきよしくんはゴールドのロングでひときはめだってオーラ全開でしたね。「愛燦燦」のソロパートや花道でのズンドコもみたかったですね。あれ亜矢さんなども入れての歌唱力抜群の演歌勢だけで構成されてたらすごく聴きごたえのあるものになったんでしょうがやっぱり集客力や世代を超えてという点では仕方ないんでしょうかね。六月のBSの完全版に期待します。
へっちゃら
2017/04/12 10:32
夢きよしさん、へっちゃらさん、こんにちは。
ドームでは、やたら時間が押したみたいですね。
ポップス勢のほうが、長い歌、歌ってたのも
❓マークです。
歌えてないし。
島津さんには、出てほしかったですが、
「みだれ髪」は、船村先生がおっしゃった
とおり、誰もダメ!でしょうかね。
きよしくんには、トライしてほしいですよね。
へっちゃらさん、私も6月の完全版に
期待です。
めみ
2017/04/12 14:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひばりさんの東京ドームコンサート 星野めみの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる