徹子の部屋

きよしくんが、ゲストで出た

徹子の部屋 舞台版

今日やるかなぁ。

一応明日も予約録画しておきます。


今年前半は、きよしくん、家のメンテナンス

自分と妹のインフルエンザなどなど、

めちゃくちゃ忙しく、

プラス本業の仕事二本。


メンテナンス料も、なんとか振り込み、

一昨日の夜、ようやくほっこり。


夜中、ヘッドフォンでアルバム、しみじみ

聞けました〰️。


いままでは、ヘッドフォンでなく、そのまま流して

聞いていました。


それも、十分良かったですが、

ヘッドフォンで聞くと、もうたまりませんね。


うまいっ❗❗❗


大阪とんぼ、最上の船頭のうまさ❗

雨とルージュは、雨がやんだら、とは

まるで違うムード歌謡風のうまさ。


雨がやんだら、は、朝丘雪路さんは、

もっとやるせなく歌ってらした。

朝丘雪路さんが、

本当に失恋したあと、なかにし先生が、それを聞き、

飲んでいて、その場でサラサラと書き上げた

歌詞だったような。(違っていたら、お許しを😅)

青島幸男さんにも、そんな逸話が

あったような。 

作詞家さん伝説なのかも。


きよしくんは、どちらかというと「みれん心」の

ように、力業で歌い抜いていますね。

それはそれで、気持ちいいです。


リアルタイムで、朝丘雪路さんの歌を当時

聞いていた私は、

雪路さん、可哀想でした....。

結婚寸前までいったのにね。

お相手に、妊娠したほかのかたが、名乗り出てしまい。

お相手のファンだったので、私も関係ないのに

ショックでしたー。

なんか、思い出しました。

(その時のお相手は、そのあとの旦那様、津川雅彦

さんでは、ありません。)


百万本のバラ 中程の歌唱は、

恋の最中の喜び、嬉しさに溢れているのですね。

それは、慎ましい恋だったでしょうが、

バラを、いま自分の町にいてくれる恋する人に

贈るだけでも、本当に嬉しかったんだなぁ....と

思います。


だから、彼女が、町を去ってしまったあとの

淋しさが、沁みますし、

そのあとも思いを持ち続ける若者の気持ちが

切なさ通り越して、

きよしくんのすごい歌唱で、鳥肌たつほど

感動するし、

泣きたくなります.....。


素晴らしい......❗


加藤登紀子さんバージョンは、

歌詞は、ちょっとおとぎ話っぽいけど、

ロシアの政治がいろいろ大変だったときの

大ヒット。

だから、少しきよしくんが歌っている感じとは

ニュアンスが、違うような気がします。


ありがとうの歌  ファンなら、泣いてしまいます。

きよしくんが許してくださるなら、

ずっと(心の問題ですが、笑) そばにいたいですし

手も繋いでいきたいです。


演歌も、いいしっ❗


また、エンドレスに聞いてしまいそう❤️



もう令和元年も、だいぶたってしまいましたが、

ようやく心が、落ち着いてきました。


武道館、楽しみですー。

41曲❗


本当に楽しみ〰️❗


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック