週刊文春

画像
沢山のきよ友さんから、

週刊文春の近田春夫さんのコラムのことを

教えていただき、

コンビニに走る、笑。


きよしくんの新曲をとても

誉めてくださっていましたねーーー。


近田さんは、きよしくんのこと、

ずっと認めてくださっていて、

ことあるごとに取り上げてくださって、

今回は、また一段と大人になったきよしくんを

すぐにわかってくださる・・・、

すごくうれしいですね。


バックバンドのことも、

常々、きよしくんのバックはすごい!と思っていたので、

やっぱり!という感じです。


「きよしのニッポン音頭」のバックは、もう

本当にナマ演奏に併せての

収録なんですね。


三味線も、というのが凄いです。

昔は、歌のステージというと、

オーケストラと一緒に、三味線のかたも

一緒に演奏していましたっけ。


いつの間にか、打ち込みで、できるようになってしまって、

便利だけど、なんだか淋しかったです。


きよしくんのバックは、

「東京ブギウギ」なんか、凄いビッグバンドで、

きよしくんの明るいブギーな歌声と共に際立つ、

あの、ジャズピアノ演奏聞きたさに

いまだに何度もリピートしちゃってます。


「東京の花売り娘」の、間奏もいいんですよね。

「上海エトランゼ」や「サンバ」もの、「ベイサイド・ブギ」のバックも、

カップリング曲には、惜しいほどのビッグバンドの名演奏!!!

これだけでも、CD買って良かったーーーでした。


今回の「ニッポン音頭」も、

やっぱり、編曲は伊戸のりおさんが、一番です!!!

「ハロウィン音頭」も、伊戸先生。

合いの手の入れ方も、間が良いし可愛かったです。


「しぐれの港」も、

霧笛のあとの、あの音の広がり、厚み・・・、

いっぺんに目の前に、暗く広く奥深い

小雨が吸いこまれるように降る海が

広がるんです。


あの冒頭は、大好きです。


他のかたのは、どうしてもちょっと軽い・・・。

演歌で、軽いと、安っぽい感じになります。

伊戸先生のは、音頭物の明るい曲でも

上品な明るさなんですよね。


その前奏で、こちらの気持ちが高まったところで、

きよしくんのあの歌唱ですから。

いい~~~ですよねーーー。


歌は、前奏で決まるといっても過言ではないかも。

「異邦人」とかも、あの前奏ですよね、印象は。


私は、きよしくんファンだから、

近田さんほど、

歌を聞いて、きよしくんがすぐに浮かんでこないということは

ありませんでしたが、笑。


「氷川きよしの演歌」というよりは、

良い演歌だなぁ・・・と思って聞いてたら

氷川きよしの歌だった・・・という・・・、

一般のかたに、そう思ってほしいという

コンセプトの楽曲だったそうなので、

近田さんの感じ方は、「ビンゴ!」ですよね。


きよしくん、一歩一歩

歌の道、向上されていって、

本当に、アルバムが出るたび

楽しみでなりません。


「しぐれの港」、きっとロングヒットになりますね。


こんなに、近田さんに褒められたのですから、

やはりこの際アルバム特典PVは、

「ニッポン音頭」で、笑。

いやいや、マジで。


神奈川のきよ友さんも、書いていらっしゃるように、

振り付け図解つきで!!!


いいと思うけどなぁ。

もちろん、きよしくん、西さん、

よろしければ、ピュアさんたちも、

浴衣姿で。


大宮さん、似合いそう~~~、笑。


そう言えば、この頃、

小松さんの「箱根・・・」や「大井追っかけ・・・」の

振りが、とても色っぽいです~、笑。


ピュアさんが、振りをするのは、

微笑ましくて大好き。


苅込さんのも、好きなんですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

さき
2013年03月02日 12:37
めみさんこんにちは。
近田さんのコラム嬉しかったですね。
最近コラムできよしさんのお話がなく寂しかったのですがこんなにお褒め頂くなんて。
きよしさんの努力を受け取ってくだって本当にうれしい!
バックバンドの事も嬉しいですね。

めみ
2013年03月02日 13:22
さきさん、こんにちは。
さまざまな曲にお詳しい
近田さんに
誉めていただける
きよしくんは本物ですよね。

バンドも、このご時世
生バンドでコンサート、するのも
珍しいくらいになっているそうで、
これだけ見事な
生バンドで、しかも
その音に負けず
素晴らしい歌唱する
きよしくんはすごいですね。

このコラム、最後は
Jポップの歌詞の
浅さにまで
触れていて
さすがです。

演歌、というより
由紀さおりさんのおっしゃる
歌謡曲、の頃の
豊かさ、
若い方々にも知ってほしいですよね。

あ、さきさんはお若くてもわかっていらっしゃるから
うれしいです。
ちび
2013年03月02日 18:42
めみさん 皆さんこんばんは 近田さんのコラム私も読みました もの凄く誉めてくれてましたね サンデーさんも良かったです こういった雑誌できよし君を取り上げてくれて嬉しく思いました
めみ
2013年03月03日 02:07
ちびさん、こんにちは。
本当にうれしいですね。
きよしくんはもっともっと
褒められていいんですから。

精進の賜物というお言葉も
うれしいです。
きよしくん、天才にプラスして
努力の人ですもんね。

この記事へのトラックバック